Kamiya Dental Clinic
静岡市葵区鷹匠3丁目18-4(鷹匠公園そば)
    
  1. トップページ
  2.  > 
  3. 診療案内
  4.  > 
  5. 割れた歯の治療

割れた歯の治療

割れた歯の治療

歯が割れてしまった場合、一般的には「抜歯」となります。
抜歯後インプラントやブリッジ、取り外しの入れ歯という選択肢でしたが
新しい治療として、割れた歯をもう一度再生させる方法も。
すべての方に適用するわけではありませんが、自分の歯を残すことができる治療法です。

差し歯の根っこが割れることがある

このレントゲンを見ると、差し歯の根っこが割れて、黒くなっています。
実はこの黒くなっているのは膿が溜まっています。
差し歯には補強のために金属の芯を入れるのですが、
金属は硬く、歯は柔らかいので噛んでいくうちに歯にヒビが入ってしまいます。
すると、歯茎がだんだん腫れたり、膿をもってしまうのです。

抜歯以外の治療法「再植」

今までは抜歯して、インプラントあるいはブリッジ、取り外しの入れ歯になるのがほとんどでしたが、最近、この割れた歯をもう一度再生することも可能になりました。
一度、意図的に歯を抜いて、割れた根っこを治療し、もう一度お口の中に入れ直すのです。
周りの骨の状態や、根っこの表面の「歯根膜」がある程度「生きている」ことが必要ですが、その条件が揃っていれば、しっかりとくっつくことができます。

ブリッジや入れ歯は周りの歯に負担をかけてしまいます。
この治療は、インプラントよりは医療費の負担は少なく、何よりも、自分の歯を残せるという大きなメリットがあります。